体サイズ

 

頭胴長

88113cm

肩高

4255cm

尾長

4150cm

体重

♂ 1521kg

♀ 1017kg

Inverarity 1901, Davidar 1975, Cohen 1978, 今泉2007の値を参考

 

頭骨のサイズ(Cohen 1978

  •  頭骨基底長:174~188mm
  •  頬骨弓幅:103~118mm
  •  口吻長:74~80mm

 

外部形態の特徴

✓イヌ科他種と比較して

 口吻が太い、耳は先端が丸くて短い、四肢が短め、尾は長めで厚みがある、などが挙げられます。

 乳頭や歯の数は他の複数のイヌ科とは異なります。乳頭は6対から8ですが、通常は5対のみ発達します(Pocock 1936, 今泉 2007)。

 他のイヌ科と比較して、前臼歯部が幅広い、小口蓋孔が細長い、鼻骨が鼻骨基部の半分拡大している、下顎裂肉歯(第一後臼歯)後部の咬頭が1つだけである、上下の第2小臼歯が縮小している、下顎第3臼歯を欠く、前足に狼爪を有する(指の数が前足は5本、後足は4本)といった特徴もあります(Pocock 1936)。

 

✓体色の特徴

 成獣の体色は通常、背側は赤褐色で、胸・腹・四肢内側は淡褐色か黄白色、目の直下や口吻の先はいくらか暗色です(今泉 2007)。尾の色は、体色より濃く、先端部分は黒、最先端に若干の白い毛を有することもあります(今泉 2007)。毛は低緯度ほど濃く短くなります(Pocock 1936, Cohen 1978, Menon 2009)。仔の体色は、生後すぐは黒茶色ですが、3カ月で成獣と同じ赤褐色になります(Menon 2009)。

 

✓歯の特徴

 上顎の第4前臼歯(裂肉歯)の大きさなどはイヌ科の他種に似ていますが、後臼歯が上下ともに2本のため、歯数はイエイヌ(Canis [lupus] familiaris)より2本少ない40歯式[門歯・犬歯・前臼歯・後臼歯]:3・1・4・2/3・1・4・2=40です(Cohen 1978, 今泉 2007)。

最終更新日:2015115