【群れ:パック】 

✓パックとは

 ドールは単独でいることはほとんどありませんJohnsingh 1982)。彼らの群れはパックpack)と

呼ばれます。パックとは、雌雄ペアとそのこども中心とした群れのことでパック内には厳しい社会

順位が存在し、通常α雄とα雌と呼ばれる最優位の個体のみが繁し、その他の個体は共同で育

児や狩りを行います。

 

✓パックの大きさと性比 

 パックは平均5頭から11頭(平均8.3頭、最小2頭、最大15頭)からなり、仔を含むと平均16頭(最小13

頭~18頭)報告されていますJohnsingh 1982)。パックの大きさは激しく変動することが知られて

ます(稀2040頭)。その原因は、パックの一部個体が11月に分散する(Johnsingh 1982)、伝染

病にかかったりトラ(例えば、KrupakarSenaniの撮影したWild Dog Diaries”など)やヒョウ(例

ば、Johnsingh 1982)による攻撃を受けたりして死ぬ、などが考えられます。

 パックの成体性比は雄に偏っています。これは雄がヘルパーとして出自ックに遅くまで留まり、雌が

早く分散するためであると考えられています(Venkataraman 1998)。


【行動圏】

 行動圏の大きさは季節によって異なり、非繁殖期に大きくなり、乾期(南インドでは 3月~5月)に制限されます(Fox 1984)。行動圏の大きさは15頭のパックで30-40km²と推定されており、繁殖期には約10km²に縮小されるという報告がありますJohnsingh 1982:直接観察、餌死体の位置、痕跡やにおいの有無による推定、コアエリアは 20km²各パックのコアエリアは重複せず(単独雌の行動圏は他のパックのものと重なる)、境界付近には糞の共同的なマーキングが見られます(Johnsingh 1982)。

 

繁殖】

✓繁殖期

 発情期は9月から12月(Sosnovskii 1967, Davidar 1974で、2か月の妊娠期間を経て(Burton 1940,

Sosnovskii 1967)、11月から4月(12月がピーク)の間に出産を迎えますSosnovskii 1967, Davidar

1975)。繁殖するのはα雌と呼ばれる最高位の雌のみですが、常に同じメスが繁殖しているのかどうか

明らかになっていません(Johnsingh 1982)。

 

✓交尾

 交尾時間は7分です(Davidar 1974)。

 

✓巣穴

 出産前に巣を確保し、一繁殖期の間に巣の場所を変えることが知られています(Johnsingh 1982)。

常、巣穴自分ではらず(Johnsingh 1982、今泉(2009)の方は自分でもるとしている)、多くは

他の動物の作った巣穴Johnsingh 1982, Fox 1984)、岩の割れ目や洞穴など(Fox 1984)を利用するこ

とが知られています


✓仔の数と成長

 一腹仔は平均 8頭(最小6頭、最大9頭)ですJohnsingh 1982)。著者の観察では、最大10頭で

 仔は約生後2週で目が開き(今泉 2007)、生後3週ほどで巣から顔を出すようになります

Johnsingh 1982)。生後8週頃まで授乳が見られますが(Johnsingh 1982、この頃から肉を口にする

ようになります(今泉 2007)。巣穴にいるのは生後10-11週(Johnsingh 1982)まで、その間には、母

は狩りに出掛けずに巣に留まる見張り役に守られ、残りの成体が狩りをして得た肉を胃に入れて運び、

巣にってから吐き戻して仔や母親に与えますJohnsingh 1982)。そのうちに仔を餌のところまで連

て行くようになります(Johnsingh 1982)。6月頃までは餌を優先的に食べられ、その後はパック

加わって行動するようになりますJohnsingh 1982)。生後7か月(Johnsingh 1982:生後6-8月)ほ

どで狩りにも参加するようになります。そして生後1年で性成熟しますBurton 1940)。

 なお、飼育下での寿命は15-16年です(今泉 2007)。 

 

 

 

最終更新日:201519