過去の分布

 更新世まではユーラシア大陸に広く分布していましたが、更新世後期(紀元前12000-18000年前)にはヨーロッパに棲息していた個体群が絶滅しました(例えばRipoll et al. 2010)。その後は、広くアジアにおいて、インド、スマトラ島やジャワ島を含む東南アジア一帯、中国、ロシア、朝鮮半島などに棲息していました。

  

絶滅危惧種に指定

 現在の野生成獣個体数が全世界で2500頭以下と推定され、近い将来の絶滅が危惧される動物です。現在のIUCNレッドリストでは絶滅危惧IBEndangered)に(Durbin et al. 2008)、ワシントン条約では附属書IIに指定されています。

 

個体数減少の原因

 Durbin et al. (2008) は、その主な原因として以下の5つを挙げています。

  1. 生息地の減少と改変
  2. 餌動物の減少
  3. 種間競合(トラやヒョウ)
  4. 人による虐殺
  5. イエイヌなどがもたらす伝染病による感染死

最終更新日:201519