澤栗秀太(さわぐり しゅうた)

 

昭和60年(1985年)1225日、高知県高知市に生まれる

 

平成18年(2006年)

4

早稲田大学人間科学部人間環境科学科 入学

平成22年(2010年)

3

早稲田大学人間科学部人間環境科学科 卒業

平成22年(2010年)

4

京都大学大学院理学研究科修士課程 (生物科学専攻)入学

平成24年(2012年)

3

京都大学大学院理学研究科修士課程 (生物科学専攻)修了

平成24年(2012年)

4

京都大学大学院理学研究科博士課程 (生物科学専攻)進学

 

現在、京都大学野生動物研究センター博士(後期)課程4


所属学会


業績

【執筆文章】

1. 澤栗秀太 (2013) おいでやす!野生動物の研究室第7回「にぎやかなドール」朝日小学生新聞(2013年2月26日発行), p8

 

2. 澤栗秀太 (2014) おいでやす!野生動物の研究室第11回「ドールの子育て」朝日小学生新聞(2014年6月10日発行), p8

 

3. 田島知之, 本郷峻, 松川あおい, 飯田恵理子, 澤栗秀太, 中林雅, 松本卓也, 田和優子, 仲澤伸子 (2016) 『はじめてのフィールドワーク① アジア・アフリカの哺乳類編』(2016年2月9日発行) 

 

【学会発表等】

1. 澤栗秀太, 賀曽利亜紀, Thirumurugan R., Nandakumaren R., 中村壮登, Sukumar R., 幸島司郎 (2012) ドール(Cuon alpinus)の音声行動:特にホイッスルの機能について. 日本哺乳類学会2012年度大会(麻布大学, 2012年9月20-23日, 口頭)

 

2. Sawaguri S., Kasori A., Thirumurugan R., Nandakumaren R., Nakamura M., Sukumar R., Kohshima S. (2012) Vocal Communication in Dholes (Cuon alpinus): On the Function of Whistle Calls. The 1st International Seminar on Biodiversity and Evolution (The JSPS Core to Core Program) (Kyoto, Japan, 26/Sep/2012, Oral)

 

3. Sawaguri S., Kasori A., Thirumurugan R., Nandakumaren R., Nakamura M., Sukumar R., Kohshima S. (2012) Vocal Communication in Dholes (Cuon alpinus): On the Function of Whistle Calls. The 1st International Workshop on Tropical Biodiversity Conservation (The JSPS Core to Core Program) (Manaus, Brazil, 23-24/Oct/2013, Poster)

 

4. Sawaguri S., Kasori A., Thirumurugan R., Nandakumaren R., Nakamura M., Sukumar R., Kohshima S. (2013) Communication in Dholes (Cuon alpinus): The Ethogram, Vocal Repertoire and Functions of Call Types. The 2nd International Seminar on Biodiversity and Evolution (The JSPS Core to Core Program) (Kyoto, Japan, 11/Jun/2013, Poster)

 

5. Sawaguri S., Kasori A., Thirumurugan R., Nandakumaren R., Nakamura M., Sukumar R., Kohshima S. (2013) Communication in Dholes (Cuon alpinus): The Ethogram, Vocal Repertoire and Functions of Call Types. The 2nd International Workshop on Tropical Biodiversity Conservation (The JSPS Core to Core Program) (Bangalore, India, 12-13/Sep/2013, Oral)

 

6. Sawaguri S., Sukumar R., Kohshima S. (2014) Den Shifting by Wild Dholes (Cuon alpinus) in Mudumalai Tiger Reserve, Southern India. The 3rd International Seminar on Biodiversity and Evolution (The JSPS Core to Core Program) (Kyoto, Japan, 06/Jun/2014, Poster)

 

7. 澤栗秀太, Sukumar R., 幸島司郎 (2014) 南インド、ムドゥマライ国立公園のドール(Cuon alpinus)の巣を変える行動の過程、原因と機能. 日本哺乳類学会2014年度大会(京都大学, 2014年9月4-7日, 口頭)

 

8. Sawaguri S., Sukumar R., Kohshima S. (2014) Pup Rearing by Dholes (Cuon alpinus) in and around a Den near Mudumalai Tiger Reserve, Southern India. The 3rd International Workshop on Tropical Biodiversity Conservation (The JSPS Core to Core Program) (Arusha, Tanzania, 22-23/Sep/2014, Poster)

 

9. Sawaguri S., Kasori A., Thirumurugan R., Nandakumaren R., Nakamura M., Sukumar R., Kohshima S. (2015) Evidence that repeated whistle calls are a medium-range contact call to reassemble among invisible pack members in dholes (Cuon alpinus). The 4th International Workshop on Tropical Biodiversity Conservation (The JSPS Core to Core Program) (Penang, Malaysia, 8-9/Sep/2015, Poster)

 

【研究普及活動】

1. 澤栗秀太 (2014)「〜ドールってどんな動物?〜にぎやかで、絆の深いイヌ科動物のふしぎ」キッズジャンボリー2014, TIFワンダーキャンパス, サル・ヒト・キミ研究室〜野生動物のふしぎにせまる!〜(東京国際フォーラム, 2014年8月12―14日)

 

 


最終更新日:2016210